いきたあかし

私の生きた証がこのブログ。現役ソムリエ、フレンチシェフ

ワイン素人が、最年少でソムリエを取った話

f:id:ai_777:20190205132138j:image

皆さんこんにちは、藍です。

今日は最年少(たぶん、、)でソムリエを取った私の話をさせて頂きます。

お読み頂きありがとうございます。

 

私がソムリエを取ったのは2018年度。

つまりなりたてほやほやソムリエです。

 

しかも22歳で取りました。

 

 

 

 

「まだ2年ぽっちしか酒を知らん若造が!」

 

「どうせ安酒しか知らないんだろ!」

 

「お前はチューハイでも飲んどけ!!」

 

 

 

はい、その通りです、、。笑

若いだけで下に見られるんです。

 

確かに当然です、自分がお金を出して飲むワインを案内するのが、自分よりひと回りもふた回りも若い子なんて信用ならないですよね。

 

 

だから、ソムリエを目指したんです。

 

ソムリエバッチを付けてホールに立つと、やっぱりお客様の態度が違うんです。

 

きっと店自体の質も上がったんじゃないでしょうか。

 

 

本当に取ってよかった、頑張ってよかった。

 

これを読んだ皆さんにも、いつか、そう感じて頂きたいです。

 

 

 

ワインを全く知らない私

 

ソムリエは取得に、「お酒に携わる仕事の3年間以上の経歴」が必要ですので、19歳からフレンチの世界にどっぷり浸かってた私は、22歳が初めての試験のチャンスでした。

 

正直20歳になるまでお酒に全く興味が無かった私は、ソムリエの勉強を始めた時は全くワインを知りませんでした。

 

 

「赤いのと白いのがあってー」

「ぶどうを何かしたお酒でー」

「ピノとか聞いたことあるけどなんだろう」

 

本当にその程度でした、。

そりゃそうです、若いんだから。

 

 

この記事をご覧になってる方は、少なからずソムリエ、もしくはワインエキスパートに興味がある方でしょう。

 

いや、興味ない方には全く無益な記事です。笑

 

 

しかし、受験者の生の声というのは、スクール等に通ってない人は、なかなか得られないものです。

 

私自身も、スクールには行かず、全て自己流の勉強法で奮闘しました。

 

勉強法はまた後日まとめるとして、

今日はソムリエを勉強した時のエピソードを少しお話しします。。

 

 

 

ソムリエを取るきっかけ

 

私はフランス料理店で料理人をやっています。

小さい店で、オーナーシェフと私の2人で回す、こじんまりした空間です。

 

2.3年前の当店では、ワインは国産のみでした。

 

国産のワインって、難しいんです。。

欧州系品種は品種特性が出にくいし、

繊細な味わいのワインが多いし、

甘すぎたり酸っぱすぎたり、、

 

何よりもお客さんが日本ワインに対するイメージがほとんど0であることが多い。

 

だから、いつも飲んでる海外ワインと比較しちゃうんです。

 

すると、、

「なんかこのワイン、薄くない?」

「いつも飲んでるのと違う」

「この店、料理は美味しいけどワインが、、」

 

食べログに書かれたことだってあります。

 

すると、飲んだワインへの評価が、店全体の評価に繋がるんです。

 

つまり、「ワインがなんか薄かったから、料理もなんかパッとしなかった」と思われる。

 

私は料理を作りながらサービスもやっているので、お客さんの表情を一番に感じるんです。

 

 

本当に辛かった。

でも上司は国産ワインしか知らないし、

ましてや自分は何にもわからない。

 

ワインを勉強しよう、その時決めました。

 

 

 

ワインの勉強を始める

 

ワインの勉強を本格的に始めたのは2017年7月

ソムリエ一次試験開始が2018年7月

 

私は1年間かけて大きなスケジュールを立てました。

 

まず、深夜家に帰ったら、ソムリエの参考書を1日2ページまとめる。

仕事の休みの日に、仕事終わりに残してしまったページをまとめる。

 

これで半年で参考書が終わる計算。

そこからまた半年間で過去問と模擬試験を1日1年分

 

f:id:ai_777:20190205201618p:image

こんな感じで毎日チェックを付けて、毎日欠かさない」をモットーとしました。

 

 

ソムリエの勉強をしている方は、飲食店勤務の方が多いと思います。

長時間労働の中から勉強時間を捻出するのって難しいと思うんです。

 

だからこそ、毎日少しでも前進、コツコツが大事。

 

それを続けるにはモチベーションの維持が必要となってきます。

 

 

 

私の場合、「上司やお客さんを絶対に見返してやる」という野心しかありませんでした。

 

一次試験勉強時の睡眠時間はきっちり3時間とし、試験直前は毎日鼻血を出してました、、笑

 

 

でもこれは全くワインを知らない私だから、

基礎が全くないから、大変だったと思うんです。

 

 

ソムリエ勉強を経て、私のワイン観は大きく変わりました。。

 

 

 

 

今日はこの辺にしておきます。。

もっとタメになる勉強法はまた後日。

 

 

皆さんは一度に詰め込みすぎず、毎日コツコツ勉強してくださいね^^

 

(それが一番難しい)