いきたあかし

私の生きた証がこのブログ。現役ソムリエ、フレンチシェフ

40℃超えインフル患者をこき使う「飲食店の現実」

f:id:ai_777:20190213235913j:image

今年はインフルエンザ、大流行しましたね。

 

どうやら、流行の程度はその年の気候と関係しているようです。

 

流行のポイントは、

空気が乾燥しているかどうか。

 

より乾燥している年ほど、ウイルスが拡散し、大流行する傾向にあるそうです。

 

そして、これは花粉も一緒。

乾燥するほど花粉は飛びやすいので、インフルエンザが大流行した年は、花粉症も重くなりやすいという訳です!

 

皆さま、今年は特にご自愛ください。。

 

 

 

 

さて、先月、

私もインフルエンザにかかってしまいました。。

 

実は生まれて初めてかかったんです。

 

今までワクチンも打ったことないけどかからないし、

新型インフルもかからなかったし、

きっと私はかからない体質なんだろう。と勝手に思い込んでいました。

 

 

 

しかし、なんか風邪っぽいなーと思い、早めに寝たある夜。。

 

次の日起きてみると、なんか体が重いし、仕事中足の関節が痛い、、

 

少し熱っぽいけど普段風邪なんかひかないから体温計も持ってないし、、

 

 

そしてその日のディナー営業。。

(私はフランス料理店でソムリエとしてワインを案内しながら料理を作り、そして運び、めちゃハードです)

 

 

ぼーっとして頭が回らなくなりながらもなんとか帰宅。

 

休憩時間に買った体温計を開封。。

37.5℃くらいあるかなーと思ったら、、

 

 

 

「39.7℃」

 

インフルに初めてかかった私は、このまま死ぬんじゃないかと思いました。笑

 

 

そして次の日も仕事。

 

休憩時間に病院に行き、今話題のゾフルーザを処方してもらいました。

 

そして40℃越えの中ディナー営業。

 

インフルでも休みはくれません。

 

自分が休んだら店が回らないから、

まあ仕方ないんですけど、

今日だけはなんとか休ませてくれ!と

お願いしましたが、結局ハードワーク。。

 

療養できないからか、その後も熱が下がったり上がったりで、なかなか治らず。

かなり苦しい思いをしました。

 

休みをくれなかった上司には、

一生恨んでやる!と思いましたが、

 

いつもかからないからって油断して、結局かかってしまった自分が情けないです。。

 

 

第一、接客業なのにインフルエンザにかかってるのがお客様に迷惑をかけてしまうし、

 

衛生的に最悪です。。

 

 

でも、自分が休むと店が回らない。

 

うちの店はオーナーと私の2人きり。

2人で毎日昼夜二回転×20人のお客様と相手します。

 

 

根本的に、病気にかからない。しか対処法がないんです。

 

 

でも、これが「飲食店の現実」です。

シフト制じゃない店はみんなこんな感じで誤魔化して乗り切っていると思います。。

 

 

最後に

 

今日の記事は、「告発」ではなく、

 

「愚痴」です。笑

 

 

働き方改革。いつになるのかな。

 

 

 

 

 

 

〜補足〜

インフルエンザ等の感染症の従業員を働かせることは労働法に違反するそうです。

飲食店に限らず、きちんと休める職場作りが不可欠ですね。