いきたあかし

私の生きた証がこのブログ。現役ソムリエ、フレンチシェフ

限りあるもの。

私は飽きっぽい性格です。

 

子供の頃、買ってもらったゲームをろくにクリアしたこともないし、

 

習い事だって続かなかったし、

 

英語、ボールペン字、カリグラフィー、投げ出した勉強もたくさん。。

 

 

 

そんな中熱中したのは「料理とワイン。」

フレンチシェフでソムリエという仕事は、

それを体現してるのかもしれません。

 

 

そして、今わたしが熱中しているのは、

まさにこのブログです。

 

毎日1記事を目標に書いていますが、

なかなか時間の取れないことも多い、、。

 

1日14時間労働、週休1日の私にとって(ブラック)、自由に使える時間は限りある大切なものです。

乱文乱筆ですが、貴重な時間を込めて書いております。笑

 

 

 

 

さて、話は変わります。。

私は映画が好きなのですが、私のおすすめの邦画の1つに、「湯を沸かすほどの熱い愛」という作品があります。

f:id:ai_777:20190214000056p:image

〜あらすじ〜

末期ガンを宣告された 宮沢りえさん演じる双葉が、残された時間で家族のためにやるべき事をこなしていく様子を描いた物語。

細かい布石や演出、子役達の演技の素晴らしさなど、映画としても非常に良く出来ています。

しっかり泣けるシーンもありますので、お時間あるかたは是非ご覧になってみて下さい。

 

 

私の感じたこの映画のメッセージ。

「いま生きているうちに何をすべきか。」

 

私達は、残された時間がどれほどかわかりません。

映画の末期ガンのように、死に至る病。

そして突然の事故や災害。

死は非現実のようで現実です。

 

先日の池江璃花子選手の白血病のニュース。

私は非常にショックを受けました。

これからの未来ある競泳界のエース。

辛い現実を受け止め治療に専念し、いつかまた泳いでいる姿を見せてほしいです。

 

 

 

「限りある時間を精一杯過ごす。」

当たり前のようで忘れがちなことです。

 

もし少しでも、時間の価値について考えてくれたら、

私が貴重な休憩時間を使って一生懸命書いた甲斐があります。笑

 

 

 

さて、明日また2週間目のpv数をまとめる予定です!

最近アクセス数と読者数が少しずつ増えてきて、本当に感謝です。

 

 

皆様の限りある時間に、私が関われること。

それが、私の最高の時間の使い方です(^^)