いきたあかし

私の生きた証がこのブログ。現役ソムリエ、フレンチシェフ

ソムリエという天職。【君の「肝」臓をたべたい。】

f:id:ai_777:20190227000905j:image

私は毎日お酒を飲みます。

仕事終わりはもちろんのこと、

 

仕事中も飲んでます。

 

 

 

 

 

というと語弊が生じるかもしれませんが、

ソムリエという職業ならでは、です。

決して職務怠慢ではないです。笑

 

私の働いているフランス料理店では、お料理はお客様一人一人が選べるシステムとなっております。

そして、一人一人のお料理に合わせてワインをコーディネートしてあげるのが重要な仕事。

そのお客様のワインの好みはもちろんのこと、

飲むスピード、シチュエーション、

更には季節、行事、天気、、などなど、複雑な要因を絡ませ、お客様が一番喜ぶワインをチョイスします。

 

時にはワインだけでなく、お客様の好みを聞いてオリジナルカクテルを作ることも。

 

先日、「梅酒が飲みたい!」というお客様がいらっしゃいました。

あいにく、店には梅酒は無い。

ここで、「申し訳ないんですが、梅酒は置いてないんです。。」と断るのは簡単です。

しかし、その時は機転を利かせ、

「梅酒はご用意していないのですが、宜しければ梅酒をイメージしたカクテルをお作りします。」

と、自らに試練を課しました。

「桜のリキュール+レモン汁+りんごジュース+炭酸水+カットレモン」

の組み合わせのカクテルを即興で発明(笑)し、召し上がって頂いたところ、非常に喜んで頂き、おかわりのオーダーも頂戴しました*\(^o^)/*

 

この時は上手くいきましたが、

正直こちらが提案できるワインやカクテルには限りがあります。

お客様が飲みたいものが無いかもしれない。

しかし、ありったけのベストを探し出し、それを「このワイン美味しい!」と説得させるような話術が大切なのです。

 

 

ワインを日頃あまり飲まれない方は、

比較対象が少ない分、そのワインが美味しいか美味しくないかをわかってもらえないかもしれません。

その時は、あえて味ではなく、

「コンクールで金賞を取ったワインです!」

と案内するとすんなり受け入れてくれたり。。

 

逆にワインに精通した方には、

「このワインは北海道で作ったもので、気候の近いドイツの葡萄を栽培したものです。ちなみに北海道は私の地元です!(^^)」

なんて、ワインを褒めるよりも、その背景のエピソードをお伝えする方が興味を持ってくれたりします。

 

まあ一概には言えないので、

「お客様が何を求めているのか」を察知する能力が必要な仕事です!!

 

 

。。つい仕事のことで熱が入りました。笑

 

今日私が言いたかったのは、

 

 

 

私は

 

お酒を

 

 

 

 

 

飲み過ぎている。。(笑)

 

 

ワインの品質を確認するために味見して、はたまたお客様の持ち込みのワインをテイスティングして、、

帰ってきてから仕事終わりの祝杯。(我慢しろ)

 

まだ若いから。。と甘く見ず、

健康には気をつけた方がいいですよね。

 

 

と、わかってはいるんですが、

今日も飲みます。

肝臓くん、頑張れ!_(:3」z)_

(今日のタイトルは、皆様お分かりとは思いますが、「君の膵臓をたべたい」をもじったものです。既にこの作品をご覧になっている方にお伝えしますが、肝臓ガンではございません。ただの飲みすぎです。。)

 

 

 

最後まで読んでくれた皆さん、乾杯!

 

 

 

www.ai777-blog.com

私がソムリエになったきっかけと苦悩の日々。

ブログ開始2日目の初々しい記事です。

この頃はソムリエ対策ブログを作る!と意気込んでたような。。

今は雑記オブ雑記。笑

是非ご覧ください!